DIESEL2017―2018年秋冬コレクション年度スタイル
ディーゼル コピー

DIESEL2017―2018年秋冬コレクション年度スタイル

ブランド名の「DIESEL」とは、アメリカインディアンのナヴァホ族の言葉で、「一番良い。もっともすばらしい」を意味する。オリジナルの生地・加工開発にこだわりのブランドスーパーコピー、フォークロアを基本コンセプトに展開する最新コレクションをデザイナーの大野鶴氏が解説する。
秋冬シーズンということもあり、シックなコーディネイトにしました。ラフなコーディネイトなのに、ワントーンにしていることでモードな雰囲気を出しています。カジュアルなアイテムも、大人らしくきれいな着こなしになっている部分を見てほしいです。
今シーズンはとくに、ワントーンのなかでの男っぽい着こなしを意識しました。
フリース生地をテープカットして手編みしたベージュのフリースニット。ホワイトからベージュにグラデーション染めをしたコピー通販ブランドのダブルフェイス天竺ジャージ。製品洗いをしてユーズド感を出したブラウンのコーデュロイパンツでの、“ブラウントーン”のコーディネイト。

インディゴの先染生地をクレイジーに切り替えたインディゴのダウンベスト。ネップの入ったツィード調のボーダー生地とヘリンボンデニムをクレイジーに切り替えたインディゴボーダーシャツ。10ozのデニムとヒッコリーデニムをクレイジーに切り替えたインディゴイージーパンツでの、“インディゴ”のコーディネイト。
メキシカンラグをイメージしたラグ生地を使用したブラックのスタジャン。クルーネックの定番のワッフルジャージ ブラック。フリースとデニムをドッキングしたブラックのイージーパンツでの、“モノトーン”のコーディネイト。
フリース生地をテープカットして手編みしたベージュの「フリースニット」は、フリース生地を8mm巾に手でカットし、手編みしています。
インディゴの先染生地をクレイジーに切り替えたインディゴの「ダウンベスト」は、4種類のインディゴの先染生地を使用し、製品でユーズド加工しています。
メキシカンラグをイメージしたラグ生地を使用したブラックの「スタジャン」は、多色もしくは差し色が入るイメージが強いメキシカンラグですが、あえてモノトーンで生地を作りました。コーディネイトに取り入れやすくなっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です