エルメス コピー

Hermès 2018年春夏レディスコレクション | チェックオンチェックが作り出す、グラフィカルなエルメスコレクション

Hermès (エルメス) の2018年SSレディスコレクションはシャイヨー宮の中で行われた。会場までの廊下には大きなブロックチェックの壁紙が貼られていたランウェイにもチェックモチーフがたくさん登場。

レザーのショートパンツにタータンチェックのケープを羽織るルックからスタート。続く同チェックのエプロンディテールのコートの下には、ステッチワークの効いたブーツカットのデニムパンツが覗き、上質な素材によるエレガントなムードとスポーティーでカジュアルなムードが同居したレイヤードルック。マドラスチェックのコットンシルク素材の丈違いのドレスのレイヤードには、前述のタータンチェックと色違いのベルテッドジャケットを合わせている。

レザーブルゾンやスカートにも格子モチーフは引用され、レザーの編みこみで表現。今季のキーのひとつとなるのが「グラン・マネージュ」というスカーフ柄。プリントTシャツのロゴにその柄名がプリントされていたり、柄を編みこんだニットスカート、そしてプリントオンチェックで表現したコットンリネンのセットアップなどバリエーション豊かに登場している。フィナーレ、大きなVネックのカフタンドレスは縦横のラインが刺繍で施され、大きな格子柄が浮き出てくる。来春、トレンドになりそうなチェック柄だが、Hermès はエレガントに着こなせそうだ。

 

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-collection/118366

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です