タン コピー

TAN(タン) 2018-19年秋冬コレクション、ニットの可能性をレイヤードで広げる

TAN(タン)の2018-19年秋冬コレクションが発表された。

ニットの可能性を広げる

毎シーズン”ニット”という素材で構成されるTANのウェア。今季もパターンや素材にこだわったピースを魅力的なレイヤードで提案し、ニットの可能性を広げていく。

和柄からインスピレーション

まず目を惹くのは、和柄をモチーフにしたパターンのスカート。一見するとサスペンダーのようにも見えるピースは、着物の衿をイメージソースにしたベスト風のアイテムだ。

このルックでベスト風のピースと共に肩に回しかけたのは、着物の帯にインスパイアされたアイテム。ストールのように首に巻いたり、ベルトのようにウエストに結んだりすれば、異なる表情を楽しむこともできる。

素材へのこだわり

素材へのこだわりが垣間見えるのは、柔らかな感触と落ち感を両立したエクストラファインメリノウールを採用したセーターやパンツ。バックスタイルには”100% EXTRA FINE MERINO WOOL”のロゴが編み込まれている。孔雀の羽のようなパターンが美しい透け感のあるトップスは、ふんわりと柔らかいモヘアで軽やかに仕上げている。

レイヤードを楽しむ

TANのこだわりが詰め込まれたニットたちは、レイヤードすることで本領を発揮する。ラメ糸が輝くドット柄のセットアップにはモヘアニットを差し込み、柔らかなニュアンスをプラス。オリエンタル柄のパンツには巻きスカートを組み合わせたり、ブラウンの襟付きワンピースにはショート丈トップスやニットパンツを重ねたり…ルックの1つ1つが、アイテムの幅広い楽しみ方を教えてくれている。

from https://www.fashion-press.net/news/40258

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です