ドーバー ストリート マーケット ギンザ コピー

ドーバー銀座「キャサリン マヴリディス」取り扱いスタート – 独特な立体フォルムのニットウェア

ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)で、2017年1月14日(土)よりインポートブランド17年春夏コレクションの展開がスタートする。これに合わせて、ニットウェアブランド「キャサリン マヴリディス(KATHERINE MAVRIDIS)」の取り扱いがスタート。

キャサリン マヴリディスは、2016年9月にドーバー ストリート マーケット ニューヨーク店にてソロインスタレーションを発表し注目を浴びた新進気鋭ブランド。

デザイナーのキャサリンは、ニューヨーク在住オーストラリア出身のニットウェアデザイナー。シドニー工科大学(University of Technology Sydney)にてファッションとテキスタイルを学んだ経歴を持つ。

制作するアイテムは、極めて独特なフォルムが特徴。コイリング・コードという技術を用いて、つなぎ目のない3D彫刻的な素材を開発しており、ニットウェアファッションの新しい領域を提案している。

全てのアイテムはニューヨークのアトリエにて丁寧にハンドメイドで作られている。そのため、一着一着に微妙なニュアンスの違いが生まれるため、全て一点モノと言える。ドーバー ストリート マーケット ギンザでは、オーバーサイズTシャツやロングTシャツドレス、チューブドレス、チューブハットなどを取り扱う。ぜひ、本物を確かめに、お店に足を運んでほしい。

from https://www.fashion-press.net/news/28122

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です