パタゴニア コピー

パタゴニアのレインウェア「クラウド・リッジ・ジャケット&パンツ」雨が多い日本の山から着想

雨と湿気が多いとされる、日本の山。登山時のストレスを出来るだけ減らしたいという思いは、一般的な登山客から、本格的なクライマーにまで共通するものだろう。今回は、パタゴニア(Patagonia)が日本の山から着想を得て開発した高機能レインウェア「クラウド・リッジ・ジャケット&パンツ」を紹介する。

雨が多い日本の山から着想したレインウェア

メンズ・クラウド・リッジ・ジャケット 32,400円(税込)
メンズ・クラウド・リッジ・ジャケット 32,400円(税込)

パタゴニア製品のほとんどはアメリカで企画されたものだが、「クラウド・リッジ・ジャケット&パンツ」は例外的に日本主導で開発が進められた、まさに日本の環境に特化したレインウェア。複数のアンバサバーが参加し、本格的なクライマーからガイド、女性登山者まで、様々な愛好家のニーズがバランスよく取り入れた、軽量かつ多用途に使える1着だ。

クラウド・リッジ・ジャケット&パンツの魅力

1.快適さを実現する高機能素材

防水性、透湿性、耐久性を計測する厳しいテストに合格した素材のみが認められる、パタゴニアの独自規格「H2Noパフォーマンス・スタンダード」。この厳格な基準の中でも、最高位の3層構造素材を採用したのがこのレインウェアだ。

最大の魅力は、しっかりと雨を防ぎつつも蒸れにくく、ベタつかないこと。一般的なレインウェアに見られる内側の不快感が、大幅に軽減された。裏地の柔らかなニット素材が吸い上げた汗を、防水性と透湿性を兼ね備えたメンブレンがフィルターを通して外側へ発散させてくれる。表面には丈夫で軽いシェル素材を使用した。

2.こだわりのパーツやディテール

メンズ・クラウド・リッジ・パンツ 20,520円(税込)
メンズ・クラウド・リッジ・パンツ 20,520円(税込)

素材だけでなく、パーツやディテールにも様々なアイデアが注ぎ込まれている。ジャケットはヘルメット着用を推奨する動きに合わせ、ヘルメット対応のフードを採用。バックパックのウェストベルトと重ならいように高めの位置に配したサイドポケットは、通気性を高めるベンチレーションとしての役割も担う。パンツには、ブーツを履いたままでも着脱がしやすいだけでなく、汗や蒸気を逃がすこともできるよう膝上まで上がるジッパーを取り入れた。

3.シンプルなデザイン

こだわりは、デザインにも見て取れる。機能を必要かつ十分に絞り込むことですっきりとしたシルエットが実現し、アウトドアシーンだけでなくタウンユースにも取り入れたいシンプルなレインウェアが完成した。フィールドで収納しやすいよう、あえて大きめに作られた付属のスタッフサックは、雨で混雑する街中でも出し入れしやすい。

from https://www.fashion-press.net/news/36128

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です