マッキントッシュ コピー

マッキントッシュ新ライン「0001」ロンドン気鋭デザイナーによる、黒で統一したゴム引きコートやパンツ

マッキントッシュ(MACKINTOSH)から、新ライン「マッキントッシュ 0001(MACKINTOSH 0001)」がデビュー。2017年9月2日(土)より、ドーバー ストリート マーケット ギンザにて先行発売される。

 

「マッキントッシュ 0001」は、セントラル・セント・マーチンズ芸術大学出身の新鋭デザイナー、キコ・コスタディノフ(Kiko Kostadinov)が手がける新たなプレミアムライン。これまでのコレクションの軌跡をたどりながら、シーズンごとにナンバリングとウェアを更新していくという、コンセプチュアルなコレクションを展開していく。

广告
inRead invented by Teads

全てを黒に統一したデビューコレクション全体にモチーフとして取り入れたのは、ブランドの長い歴史においても欠かせないラバー素材のテープ。たとえばクラシックなゴム引きコートは、背中にラバーテープをあしらったリバーシブルコートとして登場するほか、コートのベルトや袖、ブルゾンのジップ部分、ワイドパンツの裾など様々な箇所にあしらわれ、シンプルなアイテムのアクセントとして確かな存在感を放っている。

その他、後ろ前のような半月のネックが特徴のジャージーアイテムや、前掛けのような構築的なデザインを取り入れたプルオーバー、スコットランドのハンドメイドで仕上げたニットウェア、カシミアウールとシルク素材をミックスした、薄く軽やかなフィットのタートルネックなど、上質な軽衣料も黒で統一してラインナップする。

from https://www.fashion-press.net/news/32768

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です